歯科機器の進化

最近の虫歯治療について

歯科医院で虫歯の治療をするときに嫌なことといえば歯を削るときかもしれません。昔は「ガガガガ」と振動を与えながら歯を削っていました。あの音がとても嫌だったという人も少なくないでしょう。しかし最近の虫歯治療ではエアーベアリングというものを使って削るようです。エアーベアリングとは圧縮空気の力で切削工具を高速回転させて歯を削る装置のことです。これで削ると音の問題は解決されたようです。 また削る部分も以前は詰め物をはめるために大きく削っていましたが、最近では虫歯の菌に侵された部分だけを削るようになったそうです。削ったところに専用の接着剤を使い、見た目が自然に近い詰め物を充てるようです。この治療法の方が治療後の経過が良いという報告もあるようです。 昔と異なり歯科での虫歯治療も進化しているようです。

歯科医院のホームページで治療方法を確認してみましょう

歯科における虫歯の治療も進化しているようです。削るときの振動や音を抑えた装置や削る部分を少なくして見た目が自然に近い詰め物をするなどの方法があるようです。また外国では削らないで虫歯を治療する装置も開発されて治療で用いられているようです。ただしこの治療法は日本ではまだ認可されていないようです。 最近では多くの歯科医院がホームページを開設しています。そこにはその歯科医院で行っている治療法の説明が掲載されています。その説明が分かりやすくかつ納得できる内容であればその歯科医院に電話を入れてみるのも手かも知れません。その時のスタッフの対応が良ければ、患者の声に耳を傾ける姿勢があると考えてもいいかもそれません。 また予防に力を入れている歯科医院は患者のことを思う優しさがあるかもしれません。