歯科治療の事情

歯医者における治療費

歯医者における治療費はその治療方法によって大きく異なります。 虫歯を例としても、軽度のものであれば削るのみで処置が終わりますが、進行しているものであれば歯の神経を抜く、あるいは抜歯することもあります。治療が複雑になるにつれて治療費は高くなります。また、保険が適用となる治療方法か全額自己負担となる自由診療を選択した場合には治療費は高くなります。自由診療は保険が適用となる治療方法と比較して痛みが少ないということや審美性に優れているというメリットがあります。軽度の虫歯の場合であれば保険適用となる治療方法であれば1500円から3000円程度が平均的な費用となります。全額自己負担の治療方法であればこれの2倍から3倍程度の費用が必要となります。

治療方法と治療費の予測

歯医者における治療は保険適用となる治療と全額自己負担となる自由診療に別けられます。 どちらの治療方法を選択するかは患者が決めることができますが、歯医者としては保険適用となる治療方法を勧めています。なぜならば治療費が安価であるからです。また、保険適用となる治療方法は安全性が確立されているものであり、信頼することができます。自由診療であると治療を行うことができる歯医者が限られることや、最新の治療方法であれば予後の経過が不透明である可能性があります。 一方で矯正治療などにおいては日常生活に影響を与えないための治療方法が確立されてきており、このような治療を受けるのであれば平均的な治療費は高くなっていくと言えます。